Menu

【バイク×廃墟】検見川送信所

「バイク×廃墟」は「Cool×Cool」でとても良いものだと個人的には凄く思っている。しかし、ツーショットを撮ろうとなるといかに小回りの効くバイクとはいえ、中々そこまで近づける廃墟はない。ましてや外観のカッコイイ廃墟となると…… そんな中、ここ検見川送信所は自分の我儘な要望にガッチリ応えてくれる貴重な廃墟。しかも廃墟としては実家から一番近く、30分とかからない。鋼鉄で板張りされており入れないのは残念だが、それ...

 29, 2013   0
廃墟名: 検見川送信所
所在地: 千葉県
種類: 戦争遺跡 通信施設 バイク

VFダンスホール【解体】(沖縄県浦添市)

更地。 ただ如何せん、行ったことのない廃墟だし、暗すぎて肉眼では何も見えない中の探索だったため、自信がない。場所はここで合っていると思うのだが。 サラバンダの記事に続いて連続二件の解体記事。廃墟の解体が進む沖縄県。...

 26, 2013   0

メキシコサボテン公園 サラバンダ【解体】(沖縄県糸満市)

このサイトの良い感じに朽ち果てた南国風の建物の写真を見て、「おお、これは『北の天華園、南のサラバンダ』と言える程の廃墟ではないか」と感動し、丁度その頃沖縄に行く用事があったため、時間を何とか捻出して行ってきた。 帰路の便の前日夕方に原付をレンタルし、そのまま徹夜をして真夜中に特攻、そして早朝には那覇空港に戻るという、まさに時間の「捻り出し」を行なったわけだが、写真を見ての通りその甲斐もなく、サラ...

 23, 2013   0

戦慄のホワイトハウス(小和清水の惨殺屋敷)

小和清水の惨殺屋敷。「千葉のホワイトハウス」とも呼ばれる。 地元の人の話では、一家惨殺があったという噂で、少女の霊が頻繁に目撃されている。今も火災の跡が生々しく残り、「活魚」と並ぶ千葉県では最恐クラスの心霊スポットとして恐れられている。...

 22, 2013   0

廃墟写真集の通販開始

以下のサイトにて私の廃墟写真集の通販が始まりました。 【販売期間】 2013年4月18日まで(システム上それ以降は不透明) 【部数】 無くなり次第終了 各写真集の紹介および販売ページ(中身のサンプルあり)ヘの直接リンクは以下になります。 『廃景 #1』 【サイズ】A4 【ページ数】6P フルカラー 【価格】500円(税・送料別) 【内容】北海道~関東地方の廃墟を掲載したフルカラー写真集...

 19, 2013   0

旧海軍司令部壕 司令官室(沖縄県 豊見城市)

「醜米覆滅」という大田司令官直筆の文字(写真左上)が残る沖縄の海軍司令部壕跡。 この部屋で大田司令官は、かの有名な「……沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」の電文をしたためた。 他にも、当時の幕僚が手榴弾で自決した跡が壁一面に残るなど、沖縄戦について考えさせられる史跡 大田の電報には、当時の訣別電報(敗北を悟った現地の司令官が、玉砕直前に大本営に当てて送る電報)の常套...

 18, 2013   0
廃墟名: 旧海軍司令部壕
所在地: 沖縄県
種類: 戦争遺跡

失意の撤退

(→ 「尾去沢鉱山 探索レポート(未遂)」より) 出発の時間が来てしまった。残念ながら、これ以上ここには居られない。 もう二度と来れるかどうか怪しいここまでの距離を思いながら、その場を後にする。 (了)...

 16, 2013   0
廃墟名: 尾去沢鉱山
所在地: 秋田県
種類: 鉱山

尾去沢鉱山 探索(未遂)レポート

(→ 「コンクリートピラミッド」より) というわけで、2012年夏、尾去沢鉱山へとやってきた。ここまで長かった…… しかし、「現役の工場が近い」とは聞いていたが、まさか“隣接”してるとは……。土曜なのにめっちゃ人おるし、これどうやって入るんだろう…… んー。もはや旧鉱山施設の一部が物置として使われてるレベルではないか。 入るに入れずまごまごしている内に、鉱山施設のそばではオバちゃんが焚き火...

 14, 2013   0
廃墟名: 尾去沢鉱山
所在地: 秋田県
種類: 鉱山

コンクリートピラミッド

(→ 「旅路の果てに」より) 遠くから鉱山施設を臨む。 無計画に増築を繰り返したと思われる鉄筋コンクリート製の建造物が、まるでピラミッドのように積み重なっていた。 (→ 「尾去沢鉱山 探索レポート(未遂)」に続く)...

 11, 2013   0
廃墟名: 尾去沢鉱山
所在地: 秋田県
種類: 鉱山

旅路の果てに

2012年、夏。原付二種で遥々下道700km弱の道のりを越え、ようやく鉱山の煙突を臨む。 (→ 「コンクリートピラミッド」に続く)...

 08, 2013   0
廃墟名: 尾去沢鉱山
所在地: 秋田県
種類: 鉱山 バイク

時の経過

明暗のコントラストというのは写真における大切な要素の一つだが、「時間」のコントラストをはっきりとつけることができるのは、廃墟写真にユニークで面白い。 廃墟に立つと、時間の残酷なまでの不可逆性を実感させられる。...

 05, 2013   2

2013年 新年のご挨拶

昨年は格別のご高配、誠にありがとうございました。本年も当ブログをよろしくお願いします。(C83「廃墟屋」ブース 協力者二名と共に(筆者撮影)。東方系作品は恒例の委託品)昨年末に開催されましたコミックマーケット83に於きましては、年末の忙しい時期に多数のご来場、誠にありがとうございました。お陰様で、シリーズ累計120冊以上を頒布という大盛況となりました。例年と違い来場者数の少ない一日目に配置された事を考える...

 02, 2013   0
廃墟名: ご挨拶
所在地: 雑記
種類: (ご挨拶)