Menu

 >

勘解造の酪農場 その2(千葉県君津市)

(→ その1 より) それでは敷地の最奥の建物に入っていこう。ここにも飼料用タンクがある。 この台車で飼料を運んでいたものと思われるが、ほぼ自然に還ってしまっている。 酪農には様々な薬品が使われる。 動物用の抗生物質や、ビタミン剤などの名前が見える。 現在畜産業の現場では本来は病気の治療のための抗生物質が、病気の予防や成長促進のためにまで使用されていて、事実上の...

 12, 2017   0

勘解造の酪農場 その1(千葉県君津市)

雑木林に隠れるようにしてその酪農場の廃墟はあった。向かって右手には動物用の白い飼料タンクが見える。 どこまでも深い緑に覆われる…… 畜舎の中は閑散としている。 この畜舎にはミルカー用のパイプラインらしきものが頭上を通っているので恐らく乳牛用と思われるが、それにしては恐ろしく狭い……。今は生産性向上の為はもとより動物保護の観点からも家畜の居住環境はか...

 11, 2017   0

【廃墟】クマ食堂(千葉県君津市)

千葉の養老渓谷へと向かう途中に偶然見つけた物件。「クマ食堂」と銘打ってはいるものの、私はこの口元が血だらけ※1の木彫りのクマの親子が可愛かったというただその一点から足を止めたのであって建物には入らなかったので、本当にここが食堂かどうかすら不明というとんでもない記事。 一応廃墟であることは間違いないみたいだが…… 道路を挟んで反対側にも廃墟。そして写真...

 04, 2017   0

ゲゲゲポスト【探索レポート】

探索日時:2014年10月中旬 ゲゲゲポストを目指して国道から脇道へ入るのだが、そこは目印も何も無く非常にわかりづらい。 よほど注意深くないとあっという間に通りすぎてしまうだろう。 写真で言うと中央辺りの電柱と電柱の間の道を右に入っていくことになる。 上の写真は地図で言うと1の地点に当たる。住所は千葉県君津市大坂。 3の地点で道は分岐し、目的のポストは☆の位置である。以下に番号を振りながら写...

 02, 2014   0
廃墟名: ゲゲゲポスト
所在地: 千葉県
種類: 廃屋

ゲゲゲポスト

雨のしとつく鬱蒼とした森の中。 忘れられ、荒れ果てた山道の先にそれはあった。 人家もない山奥に忽然と現れる奇妙なポスト、使途不明のそれをいつしか人々はこう呼んだ。 そう―――『妖怪ポスト』、と。 次回更新ではこの物件の探索レポートを紹介する。...

 19, 2014   0
廃墟名: ゲゲゲポスト
所在地: 千葉県
種類: 廃屋

【オリジナル物件】ホテルビノテック(VINOTEC)

日吉台のホワイトハウスと呼ばれる物件を捜索中に偶然見つけた廃墟。 しかしこれは廃墟というよりも売却用の管理物件と言った方が正しいだろう。 塀には侵入の形跡があるため、先駆者は既に居るようだがWeb上にはまったく情報が見当たらない。 隣接する駐車場も出入りが激しくリスクが大きい上、建物自体も綺麗で実入りも少なそう。 今後に期待か。 ついでに言うとホワイトハウスの方は見つけることができなかった。 情報...

 13, 2013   0

ホテル山王【解体】(千葉県君津市)

探訪日:2013年10月6日 片道3時間かけてやっと現場に辿り着いたというのに、この嫌な感じ。 すごく……きれいです…………砂利が新しかったので、本当にごく最近解体された模様。残念……...

 12, 2013   0
廃墟名: ホテル山王
所在地: 千葉県
種類: ラブホテル 解体済み

【浸透実験池】湿地帯に佇む墓標

廃棄された浸透実験池の墓標のように、朽ちかけた木製の電柱が湿地帯に一本突き刺さっていた。 遠くに見える羽田へと帰る飛行機との盛衰のコントラストが、より物悲しさを漂わせる。...

 09, 2013   0
廃墟名: 新日鉄 浸透実験池
所在地: 千葉県
種類: 産業遺産

【浸透実験池】関連施設屋上からの眺め

関連施設の遺構には丈夫なハシゴが備え付けてあり、今でも登ることができる。 さっそく登ってみると、これまで辿ってきた道が、埋め尽くされた緑の中の細い一条の線に過ぎない事を知った。 遠くには君津の工業地帯だろうか。欠けたノコギリの様なシルエットが夏の熱せられた大気の中にゆらめいている。 残念ながら肝心の「魚の眼」、丸い浸透実験池をここから確認することはできなかった。...

 08, 2013   0
廃墟名: 新日鉄 浸透実験池
所在地: 千葉県
種類: 産業遺産

【浸透実験池】未来の遺跡に想いを馳せて

将来はこの木も成長し、巨大な木々の根が遺構を包み込むタ・プロームのような雄大な遺跡となるのだろうか。...

 06, 2013   0
廃墟名: 新日鉄 浸透実験池
所在地: 千葉県
種類: 産業遺産

浸透実験池 関連施設

浸透実験池の関連施設で唯一残る遺構。 緑の生い茂る夏の湿地帯、そのど真ん中に、ただ一つぽつんと佇んでいた。...

 05, 2013   0
廃墟名: 新日鉄 浸透実験池
所在地: 千葉県
種類: 産業遺産

【空撮】新日鉄 浸透実験池「木更津フィッシュアイ」

本当にまんまる。それにしても不思議な地形だ。 全体が魚の頭のようで、この丸い池が「木更津フィッシュアイ(魚の眼)」と呼ばれているのも納得がいく。...

 04, 2013   0
廃墟名: 新日鉄 浸透実験池
所在地: 千葉県
種類: 産業遺産