Menu

【池農業クラブ(オリジナル物件)】農村の暗部

池農業クラブ「農村の暗部」

観光地化を推し進める市政への、農業従事者の必死の抵抗。
しかし伊豆は収益性のある現代的な大規模農業に向く広い土地が無く、
豊富な温泉資源を基盤とした観光業への注力は生き残りへの妥当な判断であろう。

が、長引く不況のなかそれでも立ち行かず次々と廃墟となっていく温泉街。
その姿はまさに今の日本を象徴したものとも言える。