Menu

700 467

ダルマの里:最終話「懐かしの君へ」

連続廃墟小説 最終話 「懐かしの君へ」

 馴化(じゅんか)、と言うらしい。
 魂は、その世界に適した形を取ろうと徐々にその形を変えてゆく。
 そして変化を終えた魂が「名」によって世界に根を張り固定されてしまうと、
 生きている間はその世界から出ることができなくなるという。
 そう、名を奪われでもしない限り。

「どうしてそうなる前に出なかったんだ、出口も分かってたんだろ?」

「いつか、お前さんがここに来ると分かってたからねぇ」

「え?」

 返事もままならないうちに、少女は矢継ぎ早に言葉を続ける。

「時間がない、急ごう」

ダルマの里_05_帰路の駛走

 そうだった、名を取り戻した私はこの世界に長く留まるわけにはいかない。
 駆け足で先をゆく少女を見失わないよう、息を切らしながら必死に追いかける。
 しかし、あぁ…疾い…!彼女は走りだすとまるで風のようだ!

「何やってんだ、だらしないな(笑)ほら」

 不意に彼女が私の手を引く。すごい力だ。
 私の体は宙に浮き上がり、彼女と一体となって野山を駆け抜ける。
 頬を吹き抜けてゆく心地よい風。次々と後ろへ流れ去ってゆく景色。
 ああ…この感じはまるで…

ダルマの里_05_現世への階段

 どうやら目的地に着いたようだ。この階段を抜ければ現世、という事らしい。
 さすがの彼女も疲れたのか、暑そうに服をパタパタさせながら

「さ、これでお別れだ。短い間だったけど、楽しかったよ」

 そう言ってこちらに手を振る。その顔は満足そうだ。
 現世との境界を抜ける刹那、私も笑顔でそれに応える。

「俺も楽しかったよ、久々にお前と走れてさ。ありがとな」



ダルマの里_05_思い出は風と共に

 後には何事もなかったかのように、朽ちかけた階段があるばかりだった。
 新緑の季節の暖かな木漏れ日が辺りを優しく照らし出す中、
 我が春を謳歌しようと山鳥たちがせわしなく歌っている。

 少女はしばらくその場に立ち尽くしていたが、やがで天を見上げながら、かすかに微笑んだ。

「…オレ様の後輩によろしくな」

 そしてまた、風の中へと消えていった。

 (完)


にほんブログ村 このブログに投票 このブログに投票
↑この記事が良いと思った方は、クリック(=10点の投票)をお願いします m(_ _)m
(当サイトのランキングと管理者のやる気が上がります。反映は一人一日一回までです。)


※ 最後の画像はこちらのサイトよりお借りしました。

関連記事

0 Comments

Leave a comment

0 Trackbacks

Click to send a trackback (FC2 User)