Menu

700 467

白樺湖グランドホテル その2【オリジナル物件(?)】

白樺湖グランドホテル_天井の蝶

天を埋め尽くす蝶々。
人間たちに張付けにされた、造り物の身体。


白樺湖グランドホテル_墜ちた蝶

その翅が風を孕むことは決して無いはずだった。
だが彼らはその生涯でただ一度だけ本物の空を舞い、そして地に墜ちて、死んだ。


白樺湖グランドホテル_バー

ロビーの奥に、館内の案内図にも記載が無い隠し部屋を見つけた。
恐らく古いバーの跡で、併設の建物に新しいバーができた後に倉庫などへ転用されたのだろう。


白樺湖グランドホテル_スタッフルーム

受付の奥はスタッフルームと相場は決まっている。


白樺湖グランドホテル_雪用長靴

こうして防寒仕様の長靴が常備されているのが、この辺りのお国柄を感じさせる。


白樺湖グランドホテル_カレンダー

カレンダーは2001年3月の時点で止まっていた。
決済、そして年度の変わり目を乗り越えられなかったのだろう。


白樺湖グランドホテル_収支一覧表

あ か ん 。
どの年度の収支報告書を見てもこんな感じで、負債が雪だるま式に膨らんでいったのがよく分かった。


白樺湖グランドホテル_まねき猫

カビて朽ちていこうとしている商売繁盛の招き猫が物悲しい。
バブルという熱にのぼせ上がった人間の脳ミソは、神様にもどうすることもできなかった。


にほんブログ村 このブログに投票 このブログに投票
↑この記事が良いと思った方は、クリック(=10点の投票)をお願いします m(_ _)m

関連記事

0 Comments

Leave a comment

0 Trackbacks

Click to send a trackback (FC2 User)