Menu

【WANぱく館】GSを改装したペットショップの廃墟

【WANぱく館】外観

千葉県の御宿町にあるペットショップの廃墟。その名称や店舗の様子から、主に小型犬を扱っていたと思われる。外観からはガソリンスタンドを改装したものであることが伺えるが、こういった転用は非常に珍しい。

ロケーションは一般的な田舎の町外れの国道沿いといった所であるが、ガソリンスタンドはともかくとして、どうしてここでペットショップなど開こうと思ったのか甚だ疑問に思う。こうなることは開店前から十分に予測できたはずであり、「どうしてもやってみたかったから」以外の理由が私には思いつかなかった。

ペットショップでは動物たちのひどい待遇がたびたび問題になっている。当然発生するであろう売れ残りや万が一の廃業後のペット達の行方を考えたら、私のような動物好きにはペット店の経営などとても勤まるものではない。犬や猫を「商売道具」として割り切れるある種の資質が要求されるだろう。

国道側より外観
仔犬直販・トリミング・ペットホテル 看板
【WANぱく館】Welcomeアート
麓側より外観
エントランス付近
ペットのポスター その1

しれっと紛れ込む猫。店じゅう犬だらけの中、「ダウトを探せ!」みたくなってしまっている。

ペットのポスター その2

"D&C" というのは "Dogs and Cats" の略だろう。

ちなみに非常に仲が悪いことの例えとして「犬猿の仲」と言うが、「犬と猿」の組み合わせが用いられるのは世界的にも珍しく、日本と韓国くらいである。他の大多数の国では「犬と猫」が仲の悪いものとされ、例えば英語圏では "They are like cats and dogs.(彼らは犬猿の仲だ)" のように言う。

PETホテルに改装されたPIT

"PIT" は "PET" ホテルとして改装されていた。

ペットホテル内部
備え付けられたシャワー

トリミング(毛のカット)の後はこれでシャンプーして毛を洗い流していたのだろう。店の様子は完全に犬を想定している。

店舗側より看板

――猫好きにとっては、やや肩身の狭い廃墟であった。

【廃墟Data】

探訪日:2017年8月下旬

状態:健在

所在地:

  • (住所)千葉県夷隅郡御宿町六軒町51-1
  • (物件の場所の緯度経度)35°11'40.7"N 140°21'52.9"E
  • (アクセス)JR外房線「御宿」駅改札より県道232号線を東方向に進み、「御宿駅入口」交差点を左折して国道128号線(外房黒潮ライン)へと入る。交差点から1.3kmほど道なりに進むと、右手国道脇に「犬 猫」という文字が屋根にペイントされたガソリンスタンド風の建物が見えてくる。