Menu

浅間園展望台 探索レポート

2008年の探索とかなり古い記事になるが、
浅間園も最近は全面板張り&監視カメラ付きで探索が事実上不可能になってしまったらしく、
追悼記事として内部探索の記録をここに載せる。

浅間園展望台_01

まだ残雪の厳しい3月、我々は全国でも珍しい展望台・博物館の廃墟を目指していた。


浅間園展望台_02

暖かくなってきたとはいえ、ひざ下まで埋まる雪に、思うように歩を進められない。


浅間園展望台_03

ついに目の前までたどり着いた。雪中行軍に苦労した分、感動もひとしお。


浅間園展望台_04

この頃は板張りの気配すらなかった。


浅間園展望台_05

さぁ、入ろう。


浅間園展望台_06

正面エントランスには何もなかった。昼も大分過ぎ、日が随分と傾いている。


浅間園展望台_07

奥は資材置き場になっていた。


浅間園展望台_08

エントランス横の倉庫の様な部屋に入る。


浅間園展望台_09

ここにはレジが残されていた。中央ピンク色の「鬼うどん」がひときわ目立つ。
この「鬼」とは、浅間特有の溶岩地形「鬼押出し」にかけていると思われる。実物はどんなだろうか、食べてみたかった。


浅間園展望台_10

螺旋階段を登り、二階へ。


浅間園展望台_11

土産屋だろうか。達筆すぎて読めない。
左奥のオレンジ色の扉の前まで進む。


浅間園展望台_12

割れたガラス窓から、夕刻の日に照らされた浅間連峰がその幽玄な姿を晒していた。これぞ廃墟美。


浅間園展望台_13

部屋に入ると、浅間山が噴火した時の写真が飾られていた。日付は「1958年12月5日午後1時8分」とある。
相当な爆音と降灰であったろうことは写真の迫力からまざまざと伝わってくる。

と、ここでタイムアップとなってしまった。
まだ日が沈むには余裕があったのだが、隣接する現役施設の館外放送で我々の車のナンバーが
先程からしきりに放送されているためだ。閉館時間のため速やかに退去せよ、と。


浅間園展望台_14

名残惜しいが、ここまでとなった。振り返り、浅間園を見渡す。
まだ剥製などを見ていないので、次回の探索ではぜひ見たいと思っていた。
それがまさか全面板張りになってしまうとは。

まさに廃墟はナマモノ。一期一会。
破壊美と展望のコラボレーションが素晴らしい美しい廃墟だっただけに大変残念だが、
これも廃墟の運命として、受け入れるしか無いのか――