Menu

犬吠埼の廃墟(通称:男塾) 探索レポート

探索年月日:2008年5月6日

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_01

「銚子に廃墟があるらしい」という現地にゆかりのある友人からの情報を得て、その友人を案内役に、バイクで二人乗りして銚子市までやってきた。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_02

犬吠埼の北側の浜へと降り立つ。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_03

5月ではあるが、波打ち際では健全な若者達が夏を待てずに海遊びを楽しんでいた。
そして不健全な我々の目的は海ではなく廃墟。
実はもう、目的の廃墟は見えている。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_04

噂の廃墟の前までたどり着いた。
「男塾」なんて面白すぎる通り名だが、これはある部屋の一室に剣道着一式が残されているためらしい(しかし結局、今回それは確認できなかった)。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_05

さっそく中に入る。
中は厳しい浜風と、繰り返される人為的破壊によって、無残な姿となっていた。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_06

金属製品は潮風に

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_07

もろくなった壁は人の手により

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_08

ことごとく破壊されていった。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_09

そんな中、キノコ達だけは生命を育んでいた。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_10

湿った畳には、いろいろな種類のキノコが生える。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_11

銚子の海が見渡せる、オーシャンビュー。贅沢な部屋だ。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_12

そろそろ、おいとましますか。

犬吠埼の廃墟(通称:男塾)_13

近くの海岸沿いを走る道は、ツーリングを楽しむバイクがひっきりなしに行き交っていた。
天気もいいし、気持ちいいもんなぁ。
さて、我々もバイクに乗って帰るとしますか。