Menu

都賀病院(心霊スポット)

1. 概要 都賀(つが)病院は栃木でかつて恐れられていた廃墟病院の心霊スポット。ここと東洋診療所(小山市)、野木病院(下都賀(しもつか)郡)を合わせて「栃木三大廃病院」と呼ばれていた。 心霊的な噂としてはラップ音の類(突然ドーンという大きな音が聞こえるなど)が特に有名。心霊スポットといえばどうしても「幽霊が出る」とされがちであり、そういった意味では比較的珍しい廃墟であった。 現在は...

 18, 2020   4

小和清水の惨殺屋敷(千葉のホワイトハウス)

千葉県内にはかつてホワイトハウスと呼ばれる心霊スポットが2つ存在したが、これはそのうち「小和清水の惨殺屋敷」と呼ばれていた方。「小和清水」という名は地名ではなく、ここから西に300m程の所に洪水対策のため造られた「子和清水調整池」から取られている。 地元の人の話では一家惨殺があったという噂で、廃墟内では少女の霊が頻繁に目撃されていた。2階には火災の跡が生々しく残り、「活魚」と並ぶ千葉県では最恐クラ...

 18, 2020   0

陸奥湾の廃船(解体済)

以前より陸奥湾に廃船がある事は聞いていたが、当時は現状どうなっているのかがよく分かっていなかった。その後ちょうど近くを通りがかる用事があったので夕暮れ時を狙って行ってみたのだが、蓋を開けてみれば「解体済み」という残念な結果に終わった。 ちなみにここより北側に500mほど行った所には、「むつ湾インターナショナル・スピードウェイ」というサーキット場の廃墟があった。こちらも現在は風力発電施設に転用...

 05, 2017   0

【金山病院】解体後もなお怨霊の彷徨う心霊スポット(香川県坂出市)

(▲ 病院の解体現場を取り囲むようにして写り込む大量のオーブ) 香川県内では「牟礼(むれ)病院」「かっぱ道場」と肩を並べる有名な心霊スポット。以前に紹介した坂出江尻町店ローソン前の廃病院とは打って変わって、ここは超有名物件である。「坂出の廃病院」と言えば、普通はこの金山病院を指す。 大正元年(1912)築の牟礼(むれ)病院には及ばないが、ここ金山病院も昭和26年(1951)開院とその歴史は古い※1折しもこの...

 01, 2017   5

ドライブイン土湯峠茶屋【解体】(福島県福島市)

探訪日:2013年11月初旬 更地。そらきれい。 廃墟 『土湯峠茶屋』 物件概要:ドライブイン 所在地:福島県福島市土湯温泉町鷲倉山 詳細な場所は以下の地図を参照 大きな地図で見る(GoogleMap)...

 09, 2014   0

国民宿舎五色沼【解体】(福島県耶麻郡)

探訪日:2013年 更地。このために関東から東北まで出てきたというのに…… 廃墟 『国民宿舎五色沼』 物件概要:宿泊施設 所在地:福島県耶麻郡北塩原村桧原剣ケ峯1093-698 詳細な場所の地図はこちら→GoogleMap...

 13, 2014   0

ホテル山王【解体】(千葉県君津市)

片道3時間かけてやっと現場に辿り着いたというのに、この嫌な感じ。 すごく……きれいです…………砂利が新しかったので、本当にごく最近解体された模様。残念……...

 12, 2013   0

メキシコサボテン公園 サラバンダ【解体】(沖縄県糸満市)

このサイトの良い感じに朽ち果てた南国風の建物の写真を見て、「おお、これは『北の天華園、南のサラバンダ』と言える程の廃墟ではないか」と感動し、丁度その頃沖縄に行く用事があったため、時間を何とか捻出して行ってきた。 帰路の便の前日夕方に原付をレンタルし、そのまま徹夜をして真夜中に特攻、そして早朝には那覇空港に戻るという、まさに時間の「捻り出し」を行なったわけだが、写真を見ての通りその甲斐もなく、サラ...

 23, 2013   0

【旅荘赤坂】多摩湖のラブホテル廃墟(解体)

多摩湖湖畔に存在するラブホテルの廃墟「旅荘赤坂」。このあたりにバイクで寄ったついでに足を運んでみたら、とっくに解体された後だった。 入口。割れた看板の下側に、わずかに「(A)KASAKA」の文字が読み取れる。 敷地内は砂山。 ガードレールの上には、明らかに何者かの手で座らされた人形が放置されていた。 しかし、メインの通りからさらに分岐する極細の脇道に入らないと辿りつけないとい...

 31, 2012   0

深静峡 -解体後-

山奥の厳しい渓谷に、その廃墟はあった。 雪の降り積もる細い山道をバイクで乗り越えてようやくここまで来たが、そうして目に飛び込んてきたものは、何者かにより放火され、解体・撤去されてしまった“亡き”廃墟の姿だった―― なかば呆然としながら、在りし日の痕跡を確かめるように一歩一歩瓦礫の上を歩いていく。 永遠に続くかのような、灰色の世界。もう春だというのに、生き物の声ひとつ無い。 隔絶されたこの世界に...

 22, 2012   -