Menu

 >

アフリカケンネル(埼玉愛犬家連続殺人事件の現場、現在は心霊スポット)

アフリカケンネルは、1993年に発生した「埼玉愛犬家連続殺人事件」の舞台となったペットショップの廃墟である。被害者はここのガレージで犬の殺処分用の毒薬を飲まされるなどして殺害された。遺体はその後共犯者である山崎永幸の自宅に運ばれてバラバラに解体されたうえで、山林に遺棄された※1という。 主犯の関根元(げん)(当時53歳)はブリーダーとしては優秀だったが、ヤクザと繋がりがあったほか、詐欺的な商売を繰り...

 08, 2020   2
廃墟名: アフリカケンネル
所在地: 埼玉県
種類: 心霊スポット 商店