Menu

 >

ホテル江戸城(千葉のジェイソン村・心霊スポット)

ホテル江戸城は千葉県佐倉市にあるラブホテル(モーテル)の廃墟。千葉のジェイソン村とも呼ばれている。敷地全体が深い竹やぶに覆われており、その中に点在する屋敷をひとつひとつ訪ね歩いていくという、心霊スポットとしては抜群の雰囲気を誇っている。 この廃墟からは昔、殺された女子高生の白骨遺体が見つかったと言われ、それ以降その女子高生の霊が出ると噂されている。また、首吊り自殺した死体が建物内から発見され...

 11, 2020   2

小和清水の惨殺屋敷(千葉のホワイトハウス)

千葉県内にはかつてホワイトハウスと呼ばれる心霊スポットが2つ存在したが、これはそのうち「小和清水の惨殺屋敷」と呼ばれていた方。「小和清水」という名は地名ではなく、ここから西に300m程の所に洪水対策のため造られた「子和清水調整池」から取られている。 地元の人の話では一家惨殺があったという噂で、廃墟内では少女の霊が頻繁に目撃されていた。2階には火災の跡が生々しく残り、「活魚」と並ぶ千葉県では最恐クラ...

 18, 2020   0

活魚(心霊スポット・油井グランドホテル)

正式名称「油井(ゆい)グランドホテル」。元々はラブホテルだったものが、いけす料理を目玉にした割烹料理店(兼ホテル)に改装されたものである。そのため営業当時は「活魚(かつぎょ)」と書かれた看板が掲げられ、これが廃墟名の由来にもなっている。しかし閉業後しばらくしてその看板は失われてしまった。 この廃墟を一躍有名にしたのは、2004年に発生した「千葉県茂原市女子高生殺人事件」だろう。茂原駅前で強盗目的...

 17, 2020   8

旧志津小学校青菅分校 ~廃校の桜~

千葉県佐倉市の新興住宅地であるユーカリが丘にひっそりと眠る、木造の分校跡。写真の校舎は、昭和30年(1955)に志津小学校の第二分校として建てられたものである。当時はまだ「青菅分教場」と言えば、ここより西方にある第一分校を指していた。 それから6年後の昭和36年(1961)、第一分校が独立して上志津小学校となる際に本第二分校は現名称へと改められた。そして昭和52年(1977)3月をもって、青菅分校は廃校となる。...

 11, 2020   0
廃墟名: 旧志津小学校青菅分校
所在地: 千葉県
種類: 学校 廃校の桜

東金の未完成ホテル

東金市油井のラブホテル街にそびえ立つ巨大な未完成ホテルの廃墟。この近辺では最も背の高い建物であり非常に目立つにも関わらず、ここから目と鼻の先にある心霊スポット「油井グランドホテル」(通称「活魚」)があまりにも有名過ぎるため、ほとんど関心が向けられることが無いというちょっぴり不遇な境遇にある。 ホテルの内部は千葉中から集結したヤンキーにより壁に落書きがされ破壊し尽くされており、かなり荒廃してい...

 08, 2017   13

【WANぱく館】GSを改装したペットショップの廃墟

千葉県の御宿町にあるペットショップの廃墟。その名称や店舗の様子から、主に小型犬を扱っていたと思われる。外観からはガソリンスタンドを改装したものであることが伺えるが、こういった転用は非常に珍しい。 ロケーションは一般的な田舎の町外れの国道沿いといった所であるが、ガソリンスタンドはともかくとして、どうしてここでペットショップなど開こうと思ったのか甚だ疑問に思う。こうなることは開店前から十分に予測...

 06, 2017   0

【御宿町火葬場】窓ガラスに映り込む男性の霊

千葉県御宿町の山中にある火葬場の廃墟。人気の無い寂しい山道を行くと、峠付近にこの廃墟だけがポツリと周囲から隠れるようにして建っている。 これまでも一部の廃墟マニアには知られていた物件であったが、2016年8月に発売された「ほんとにあった! 呪いのビデオ69」という心霊系のDVDに収録されて以降は有名となり、心霊現象の体験談も相次いだ。この廃墟には「髪の長い女の霊がいる」とされ、地元民は近づくことも無い...

 30, 2017   6
廃墟名: 御宿町火葬場
所在地: 千葉県
種類: 火葬場 心霊スポット

九十九里岬ドライブインセンター

千葉県は九十九里浜の南端に位置するドライブインの廃墟。上階の窓からは太平洋が一望でき、外房を愛するサーファー達や地元民らから「九ドラ(クードラ)」の愛称で親しまれてきた。上の写真にも“Welcome KUUDORA”の文字が見える。 ところが2013年11月5日未明に厨房から出火して炎上、火は間もなく消し止められたがドライブインはそのまま閉鎖されてしまった。再開を望む声はあるものの2017年現在実現しておらず、建物は今...

 26, 2017   0

勘解造の酪農場 その2(千葉県君津市)

(→ その1 より) それでは敷地の最奥の建物に入っていこう。ここにも飼料用タンクがある。 この台車で飼料を運んでいたものと思われるが、ほぼ自然に還ってしまっている。 酪農には様々な薬品が使われる。 動物用の抗生物質や、ビタミン剤などの名前が見える。 現在畜産業の現場では本来は病気の治療のための抗生物質が、病気の予防や成長促進のためにまで使用されていて、事実上の...

 12, 2017   0

勘解造の酪農場 その1(千葉県君津市)

雑木林に隠れるようにしてその酪農場の廃墟はあった。向かって右手には動物用の白い飼料タンクが見える。 どこまでも深い緑に覆われる…… 畜舎の中は閑散としている。 この畜舎にはミルカー用のパイプラインらしきものが頭上を通っているので恐らく乳牛用と思われるが、それにしては恐ろしく狭い……。今は生産性向上の為はもとより動物保護の観点からも家畜の居住環境はか...

 11, 2017   0

【廃墟】クマ食堂(千葉県君津市)

千葉の養老渓谷へと向かう途中に偶然見つけた物件。 「クマ食堂」と銘打ってはいるものの、私はこの口元が血だらけの木彫りのクマの親子(恐らく首から下げているリンゴを齧った汁を表現したかったものと思われるが……)が可愛かったというただその一点から足を止めたのであって建物には入らなかったので、本当にここが食堂かどうかすら不明(※食堂とのことです)というとんでもない記事。 一応...

 04, 2017   2

ゲゲゲポスト【探索レポート】

探索日時:2014年10月中旬 ゲゲゲポストを目指して国道から脇道へ入るのだが、そこは目印も何も無く非常にわかりづらい。 よほど注意深くないとあっという間に通りすぎてしまうだろう。 写真で言うと中央辺りの電柱と電柱の間の道を右に入っていくことになる。 上の写真は地図で言うと1の地点に当たる。住所は千葉県君津市大坂。 3の地点で道は分岐し、目的のポストは☆の位置である。以下に番号を振りながら写...

 02, 2014   0
廃墟名: ゲゲゲポスト
所在地: 千葉県
種類: 廃屋