Menu

【七福神の家】その2:女性の霊が出ると噂の2階へ…

(→「その1:神々が魂を鎮める心霊スポット」より) 階段を登り2階へとやってきた。 【広告】 2階には女性の霊がいるらしいが果たして…… 陰陽マーク(太極図)。沖縄は落書き一つ取っても大陸文化の影響が強い。 焼け焦げた跡。ドア枠が全部いかれるとはかなりの火勢であったことが伺える。 幸か不幸か、この時は件の女性の霊らしきモノ...

 10, 2017   0

【七福神の家】その1:神々が魂を鎮める心霊スポット

(▲ 七福神の家 一階北西側の角部屋) 1. 概要 沖縄刑務所の近くの薮の中にある不気味な廃屋。建物の2階では女性の霊の目撃談が後を絶たず、ここを訪れた霊能者(ユタ)が霊を鎮める為に七福神の像を置いたことから「七福神の家」と呼ばれるようになったという。 その七福神の像であるが、行きと帰りで位置が微妙に変わっていたりなど勝手に動く現象が当初より見られ、現在はその像自体の居場所が分からなくなっている。...

 09, 2017   0

コミックマーケット84 当選【廃墟写真集を頒布予定】

(某島嶼 プール付きの高級廃リゾートホテルにて 2013年初頭)コミックマーケット84に当選致しました。廃墟写真集の頒布や展示を行う予定です。日時等は以下の通りです。日時:2013年8月11日(2日目、日曜日)10:00~16:00場所:東京国際展示場配置:西地区“あ”ブロック-69aサークル名:廃墟屋(ハイキョヤ)頒布する写真集の詳細は以下をご覧ください。新刊の情報はありませんが、こちらで紹介している過去の作品は今回も頒布...

 07, 2013   0

【サンセットビューインシャーベイ】湖上の廃リゾートホテル(沖縄県国頭郡)

南国のエメラルドグリーンの海、透き通った湖──青々とした山々を見下ろす絶景に建てられたリゾートホテルの廃墟。 エントランスから入り、まず目に付くのはこの壁一面のオブジェ。舞台が廃墟となり、さらに異様さを増した。 ロビーでは、もはや永遠に訪れることのない客人を椅子が待ち続けていた。 エントランスの右手には、カフェテリアがある。 使わない机や椅子は、整然と片付けら...

 19, 2013   0

開設一周年のご挨拶

(▲ 2013年1月 沖縄県 某廃ホテル前にて撮影。 バイク:Honda Shadow Slasher 400) 一年間のご愛読ありがとうございました。 当初はこれほどまで多くのアクセスを頂けるとは思っておらず、本当に嬉しい限りです (´Д⊂ヽ これからも当ブログ Ruin's Cat をよろしくお願いします。 さて、 一年間を振り返ってみて、自分自身の至らぬ点が多々見えて来ました。一番の反省点は、更新頻度の少なさ。これは完全主義的な自...

 16, 2013   2

メキシコサボテン公園 サラバンダ【解体】(沖縄県糸満市)

このサイトの良い感じに朽ち果てた南国風の建物の写真を見て、「おお、これは『北の天華園、南のサラバンダ』と言える程の廃墟ではないか」と感動し、丁度その頃沖縄に行く用事があったため、時間を何とか捻出して行ってきた。 帰路の便の前日夕方に原付をレンタルし、そのまま徹夜をして真夜中に特攻、そして早朝には那覇空港に戻るという、まさに時間の「捻り出し」を行なったわけだが、写真を見ての通りその甲斐もなく、サラ...

 23, 2013   0

旧海軍司令部壕 司令官室(沖縄県 豊見城市)

「醜米覆滅」という大田司令官直筆の文字(写真左上)が残る沖縄の海軍司令部壕跡。 この部屋で大田司令官は、かの有名な「……沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」の電文をしたためた。 他にも、当時の幕僚が手榴弾で自決した跡が壁一面に残るなど、沖縄戦について考えさせられる史跡 大田の電報には、当時の訣別電報(敗北を悟った現地の司令官が、玉砕直前に大本営に当てて送る電報)の常套...

 18, 2013   0