Menu

蚕糸試験場 日野桑園(仲田の森 桑ハウス)

東京都日野市の仲田の森にある「蚕糸試験場日野くわ園」。養蚕ようさん(カイコを育てて生糸を作ること)の研究を行なっていた施設で、通称「桑ハウス」とも呼ばれる。

ここは廃墟というよりも近代建築遺産で、築80余年の洋風建築だ。いくつかあった建物のうち、第一蚕室のみが現存しているらしい。

縁あって近くを通りかかることがあったので、少し時間を取って寄ってみた。


蚕糸試験場 日野桑園_ショベルカー

まさかの解体。工事まっただ中で近づくことすらできなかった。貴重な近代建築遺産がまた一つ消える

※ 追記:工事していたのは建物の周りだけだったようで、建物自体は無事でした。詳しくは記事の続きをご覧ください。

IMG_3908_ruinscat.jpg

前回の探索で「解体作業中」と報告していたが、重機が建物自体には手を付けていなかったため、もしかしてと思い再訪してみた。

IMG_3911_ruinscat.jpg

結果、無事でした ヽ( *´∀`* )/

新たに貼りだされていた工事告知によれば、この工事は遊歩道整備のためのものらしい。桑ハウスがどうなるか明示していなかった点は不安だが、まぁこの様子なら大丈夫だろう。

IMG_3920_ruinscat.jpg

しかし遠目にはあまりよくわからなかったが、こうして近くで見てみると全面板張り……

IMG_3936_ruinscat.jpg

うわ……建物の裏側で前回は気が付かなかった……落書きの的か…………

IMG_3929_ruinscat.jpg

これはひどいな。板張りもうなずける。

IMG_3935_ruinscat.jpg

板張り工事は2011年9月5日に行なったらしい。

IMG_3939_ruinscat.jpg

はしごすら登ることが出来ないよう、途中で切られていた。

IMG_3941_ruinscat.jpg

桑ハウスが生き残っていたのは嬉しかったが、複雑な気分でその場を後にする。

2011年8月には桑ハウスを使った地元密着型のイベントも催されていたらしい。ギターの弾き語りと壁面展示を楽しみながらお茶を飲める、なかなか賑やかなイベントだったようだ(以下の動画を参照)。


その後、関係者の地道な保存活動が実り、本物件は2017年6月28日に「国登録有形文化財」に登録された。

「旧農林省蚕糸試験場日野桑園第一蚕室(桑ハウス)が登録有形文化財に登録されました」 - 日野市観光協会

桑ハウスの現役時の様子は以下に詳しい。

「独立行政法人 農業生物資源研究所 Ⅷ.蚕糸試験場(昭和12年)」