Menu

円形ホテル「エノモト」その1【オリジナル物件】

廃墟_円形ホテル「エノモト」_外観

磐梯山の麓、東北を代表する湖沼群「五色沼」を擁する風光明媚なこの土地に、その珍しい造りのホテルはあった。

以下にこの廃墟の探索記録を紹介する。

廃墟_円形ホテル「エノモト」_周辺風景

東北廃墟旅の途中、道路脇に廃墟のような建物が目についた。外観だけでもと思い、撮影の時間を少し取って近づいてみる。

廃墟_円形ホテル「エノモト」_円形部分アップ

はしごが不自然に切れている。人の気配もない。これはアタリだ。

廃墟_円形ホテル「エノモト」_入り口アップ

内部に入れることまでは期待していなかったが、入口はウエルカム状態になっていた。

廃墟_円形ホテル「エノモト」_空室あり

確かに嘘偽りは無い。今日も、明日も。そしてこれからもずっと。

廃墟_円形ホテル「エノモト」_動物の侵入形跡

受付には動物の侵入の形跡があった。

廃墟_円形ホテル「エノモト」_人の侵入の形跡

そして人の侵入の形跡も。

記事執筆時点でネット上にここの情報がまったく見当たらないため「オリジナル物件」としたが、完全に未踏というわけではないな。

次回更新記事では、廃墟の内部を紹介していく。

(→へ続く)