Menu

【旧藤川邸】豪農の家【オリジナル物件】

【廃墟】旧藤川邸_コタツの居間

1. 概要

西日本遠征ツーリングの帰路に広島で偶然見つけた農家の廃墟。かなりの豪邸であり、母屋は2階建てで瓦葺きの純日本家屋。納屋が2つに、離れには風呂、トイレは合わせて3つもあった。

裏手には大きな畑の跡らしきものも残されている。そして庭にはシトロエン2CVにも似た、お洒落なレトロ車が放置されていた。

他にも様々な農業用機械や調理用機械、当時の高級品であろう家電製品などが家の中には所狭しと並び、往時の裕福な生活が偲ばれた。

2. 内部探索

【廃墟】旧藤川邸_GN125Hと共に
【廃墟】旧藤川邸_枯れ木と瓦屋根
【廃墟】旧藤川邸_オシャレなレトロカー
【廃墟】旧藤川邸_離れの風呂
【廃墟】旧藤川邸_ジャノメミシン
【廃墟】旧藤川邸_トラクター
【廃墟】旧藤川邸_中央の居間
【廃墟】旧藤川邸_「新編 電気機器 I」

農家というと、ともすれば田舎者で無教養なイメージを持たれがちだが、当家のご主人は相当な機械マニアのインテリだったらしい。

蔵書はかなり高度な電機関係のものが目立つほか、自らが書いた設計図も山とあり、自家用電気技術者協会からも表彰されていた。記事冒頭で紹介した機械類も、すべて自分で整備を行なっていたようである。

母屋には自作の時限式イルミネーション装置のほか、「農事研究室」を備え、PC9821を始めとしたパソコン(廉価版でも平気で30万円以上はした時代のものである)を複数台設置。書斎はともかく自宅に「研究室」がある家など私は聞いたことが無く、思わず変な笑い声が出てしまった。

あんたは西洋の貴族か!(笑)

【廃墟】旧藤川邸_鴨居の張り紙
【廃墟】旧藤川邸_農事研究室

建物の造りや残された品々はかなりの古さであるものの、廃墟化時期は少なくとも2004年3月以降であり、見た目ほど古い廃墟ではなさそうだ。

しかし当地の厳しい冬の気象条件のせいだろう、既に建物のうちかなりの部分が崩落してしまっており、もはやそう何年も持たないのではないかと思われる。

【廃墟Data】

探訪日:2013年4月中旬

状態:崩落しつつある

所在地:

  • (住所)広島県
  • (物件の場所の緯度経度)-
  • (アクセス)-