Menu

九十九里岬ドライブインセンター

【九十九里岬ドライブインセンター】外観

1. 概要

千葉県は九十九里浜の南端に位置するドライブインの廃墟。上階の窓からは太平洋が一望でき、外房を愛するサーファー達や地元民らから「九ドラ(クードラ)」の愛称で親しまれてきた。上の写真にも“Welcome KUUDORA”の文字が見える。

ところが2013年11月5日未明に厨房から出火して炎上、火は間もなく消し止められたがドライブインはそのまま閉鎖されてしまった。再開を望む声はあるものの、探訪時の2017年時点でも実現しておらず、建物はずっと廃墟のまま放置されてきた。

しかし探訪の前年にはすでに、このクードラがある釣ヶ崎海岸が東京オリンピックのサーフィン競技会場として選ばれていた。このような栄えある場所に、半分焼けかけた廃墟なんぞがあってはイメージが悪い──ここを今後どうするかは喫緊の課題だったのだろう。そして結局クードラは解体という道を歩み、跡地は現在更地になっている。

2. 探索(解体前)

「房洲閣」の文字が入れられたエントランス

入口は完全に塞がれている。
「房洲閣」とあるが、ドライブインの前身はホテルか何かだったのだろうか。

国道側から見たドライブイン

国道側から。写真右手が出火元と思われる。

割れた窓ガラス

出火した側に面したガラスだけが無くなってしまっている。火災の熱で破壊されたのだろう。

焼け落ちた厨房の瓦礫

火事から丸4年が経とうとしているが、現場には今だにその傷跡が生々しく残る。

九十九里岬ドライブインセンター エントランス

ドライブインは再開の目処が立たないまま、今日もこの外房の地にじっと佇んでいる――

【廃墟Data】

探訪日:2017年8月下旬

状態:2020年までに解体された

所在地:

  • (住所)千葉県長生郡一宮町東浪見1-2
  • (物件の場所の緯度経度)35°19'47.0"N 140°23'49.3"E
  • (アクセス)千葉県の外房にある九十九里浜の南側終端、国道128号線(外房黒潮ライン)沿いにあった。下記地図を参照。