Menu

スカイレスト ニュー室戸

スカイレスト ニュー室戸 ドローンによる空撮廃墟写真(トップ画像)

高知県は室戸むろと岬にそびえ立つ展望レストラン跡。ここは四国の東側の最南端にあたり、岬からは太平洋が一望できる。この素晴らしい展望を生かして結婚式場としても使われていたようであるが、昭和47年(1972)のオープンからわずか6年で閉鎖してしまった。

一度見たら決して忘れられないその奇抜な外観から、廃墟好きであれば知らぬ者は無いとまで評される廃墟である。しかしその割には実際に足を運んでみたという話はあまり聞かない。

それもそのはず、行こうとなると電車も空港も高速道路も無く、ただひたすらに時間と労力ばかりが掛かる……その挙句他にめぼしい観光スポットも無いという、スピード廃業も納得の残念な立地なのだ。こんな所で結婚式など挙げようものなら、参列者からはそれは非難轟々だったに違いない。

このようなアクセスの悪さからか、ここから目と鼻の先にある国民宿舎も廃墟になってしまっている。さらに、むろとスカイライン沿いにはコンクリート工場の廃墟があるのも発見した。探せばまだありそうだが、今回は廃墟の捜索を目的にここへ来ているわけではないため、室戸岬にあるのをこの目で確認した廃墟はニュー室戸を含めて以上3つとなる。

スカイレスト ニュー室戸 西側から見た外観 塔と上階部分

私が廃墟に惹かれはじめた当初、とあるサイトでこの外観に出会った時の衝撃は今でも忘れられない。これは絶対にいつか行きたいと思ったものだ。

あれから長い時が経ち、当時あった廃墟写真サイトはそのほとんどが消滅してしまったが、この廃墟の記憶が私の中から消えることはなく、ずっと心のどこかで気になっていた。

スカイレスト ニュー室戸 南側から見た外観

そのあこがれの場所に、こうして実際に立てる喜び……!

スカイレスト ニュー室戸 北側から見た外観 塔と上階部分

それではさっそく中へと入ってみよう。

朽ち果てた「歓迎」の案内板
2階正面入口を振り返る

少し入った所から入り口を振り返る。奥にはむろとスカイラインが見える。

塔の内部には螺旋階段がある。上の案内板には「2階 遊戯室」「3階 展望式場 展望和室 展望喫茶 展望レストラン」とあり、「4階 360°展望台」は上からガムテープか何かで見えなくした跡がついている。

この廃墟の奇抜な外観──三角形に配置された3本の巨大な円柱は、ただの飾りではなくこのように内部が螺旋階段になっている実用品だ。

早く登ってみたい衝動に駆られるが、はやる気持ちを抑えてまずは今居る階の部屋を見て回ることにした。

スカイレスト ニュー室戸 旧遊戯室と思われる部屋

ここは2階の「遊技室」と思われる。この建物は斜面に建てられていて、正面入口から入るとそこが2階という構造になっている。

部屋の造りはどう見ても旅館の「大広間(和室)」と同じものだ。厨房も同じ2階にあることからオープン当初は遊戯室としてではなく、食事を提供する場として使われていたのではないかと思う。しかしながら現状はご覧のありさまで、営業当時の様子を正確にうかがい知るのは難しい。

その「遊戯室」も上から塗りつぶして案内を見えなくしようとした痕跡があることから(ひとつ前の写真を参照)、運営末期の迷走っぷりが感じられる。

ELEKI Rouletteと書かれた黄色い看板

かすかに残された、かつて遊戯室だった記憶。

破壊されたマネキンの手足

なぜマネキンが? と思ったが、結婚式場もあったという事なのでドレスでも着せていたのだろうか。

窓際に立てて放置されていたマネキン
スカイレスト ニュー室戸 厨房

ここは厨房だろう。天井に特徴的な換気設備が見える。

塔内の螺旋階段が小さな窓から差し込む光に照らされている

これにて2階の探索は終了。満を持して螺旋階段を登り始める。

塔内螺旋階段 階下からの眺め

この廃墟の大きな魅力のひとつでもあるこの螺旋階段──得も言われぬ独特の雰囲気があり実に良い。他ではなかなかお目にかかれない光景だ。

スカイレスト ニュー室戸 深淵へと続く螺旋階段
3階の一区画には雨水がたまり、美しい空の青を反射している

3階にある3つの区画のうちのひとつ。ご覧のように大海原を一望でき、展望レストラン・結婚式場として使われていたはずの場所だ。建屋は強い海風に根こそぎ吹き飛ばされてしまい、床が一面の水溜りとなってしまっている。

4階 360°展望台の受付

4階「360°展望台」の受付。

スカイレスト ニュー室戸 「4階 360°展望台」から南方向を見た眺め

展望台跡より室戸岬方面を望む。中央に白く見えている建物は灯台ではなく電波中継局。

さすがに元展望台というだけあって眺めが良いが、案内を消したような跡があったことから、末期は閉鎖されていたようだ。

スカイレスト ニュー室戸 屋上から西方向を見た眺め

そして、ついに屋上まで登ってきた。

スカイレスト ニュー室戸 屋上から北方向を見た眺め

この大砲が突き出たような独特のフォルム……!

スカイレスト ニュー室戸 屋上から南方向(岬方向)を見た眺め

この廃墟の屋上に立ち、360度見渡すというのも長年の夢だった。

屋上から空を見た眺め

我ら三銃士!(違う)

手すりが潮風で錆びてしまった螺旋階段

海沿いの廃墟は痛みが早い。海風により柱は吹き飛び、窓ガラスは割れ、鉄製品はことごとく錆びてしまう。この廃墟もあとどのくらいこうして立っていられるだろうか。

強く後ろ髪を引かれる思いではあるが、もう別れの刻だ──

のびのびと過ごす室戸岬の猫たち

ところ変わって、室戸岬山頂の猫たち。

岬の展望台へと続く駐車場はちょっとした野外猫カフェ状態になっている。ベンチで休んでいると猫の方からわらわらと寄ってくるなど、猫好きにはたまらない隠れスポットだ。

どうも定期的に餌付けされているらしく、車から降りてきたカップルや家族連れが勘違いした猫たちにタカられている光景がよく見られる。去勢はきちんとなされるなど十分配慮はされている様子で、周囲には迷惑をかけうる民家も無いので、猫たちは自由にのびのびと過ごしているようである。

仲良く耳の先端がカットされた猫の兄弟

左耳の先端が仲良くカットされ、去勢済であることがわかる。

イネ科の雑草を食べるキジトラ猫

猫は肉食動物だが、イネ科の雑草も好んで食べる。そうすることで胃を刺激して、胃に溜まった毛玉を吐くのだ。

疾走する猫

草なんか食ってる場合じゃねェッ!!!

車から降りてきたカップルに集る猫

さっそく猫たちにタカられるカップル。

筆者にも集る子猫

筆者にも漏れなくタカりにくる(左下の黒いのは筆者の足)。この子はまだ幼いためか、去勢済みの印が見られない。室戸岬の猫たちの中でこの子が一番好奇心旺盛で積極的だった。

この廃墟の空撮動画はこちら↓
(※ 後半(06:20~)におまけとして山頂の猫たちの様子を収録)


室戸岬は海岸段丘の典型例であり、上空から見るとその美しい自然の造形に圧倒される。

【廃墟Data】

探訪日:2019年5月上旬

状態:健在

所在地:

  • (住所)高知県室戸市室戸岬町
  • (物件の場所の緯度経度)33°15'51.5"N 134°10'44.6"E
  • (アクセス・行き方)徳島自動車道の徳島ICを降りると国道11号の南方向の車線に接続するので、それをとにかくただひたすら南下する(直進していると名称はすぐに国道55号線へと変わる)。そのまま130kmほど進むと室戸岬へと到着するので、岬を折り返して土佐湾側へと入ったらすぐ400mほどで、右方向にむろとスカイラインへと入る入口が見えるので右折して入る。スカイラインのつづら折りの坂道を登っていくと、5分ほどで室戸岬山頂の駐車場へ到着する。そこから徒歩で来た道を引き返すとすぐにあの特徴的な外観の廃墟が見えてくる。高知県側から向かう場合も、高速道路を降りてから国道55号をひたすら南下する点は同じである。