Menu

旧吹上トンネル(心霊スポット)

旧吹上トンネル(心霊スポット) 隧道北側正面

日本に数多あるばけトン(化物トンネル)の中でも関東で最恐クラスとされるのがここ、旧吹上ふきあげトンネルだ。テレビ局の心霊番組でも何度も取り上げられるなど、その知名度は犬鳴トンネル(福岡)や常紋トンネル(北海道)と並びまさに全国区である。

ここでの心霊現象としては「白い服を着た女の幽霊が出る」というのが最もポピュラーだ。この女性の正体については様々な憶測が流れているが、有力な説としては昔近くにあった茶屋で強盗があった際に殺されたそこの孫娘だろうと言われている。※1

その茶屋は今も廃墟となって残っており、すぐ傍にはこのトンネルよりもさらに古い時代の「旧々吹上トンネル(古吹上トンネル)」がある。一説にはこちらの方が霊が出やすいともされていたが、現在は入口が鉄板で完全に封鎖されており中に入ることはできない。※2

旧吹上トンネル(心霊スポット) 隧道北側正面 アップ

冷たい雨のしとつく夕刻。入口にはあやしげな霧が立ち込め、異様な静けさの中「ピチョン、ピチョン」という水滴の音だけが辺りには反響している。そして全てを飲み込んでしまいそうなトンネルの暗闇に、ナトリウムランプの鈍いオレンジ色の光が点々と奥まで続いている────

当時私は心霊スポットにはあまり興味がなかったのだが、その認識を塗り替えたのがこの光景だった。同行していた友人2名も思わず声を上げる。体の芯から身震いするようなこの圧倒的存在感は写真に残す価値があると私は感じた。

しかしこの日は映画制作のロケハンのためにここへ来ていたので、まともなカメラは1台も持っていなかった。手にしていたスマホでは外観はともかく暗いトンネル内の撮影は不可能であり、カメラを持ってこなかった自分をそれはそれは呪ったものだ。

後日良いカメラを持ってまた来ようと心の中で密かに誓った。しかしその後しばらくして、トンネル内の照明が雰囲気ぶち壊しの高輝度LEDランプに換えられたと聞き、私の落胆は頂点に達した。

もちろん生活道路という面から見れば非常にありがたい換装である。それは疑いようがない。だが美的側面からすると軍艦島の観光地化に勝るとも劣らない愚行であり、もはや私がここへ来る意味は完全に失われたと言って良いだろう(それを狙っての換装でもあると思う)。

照明変更後はSNSのレポ等を見てみても「怖くない」という意見が多く、界隈での評判もすこぶる悪い。心霊シーズンの夏を迎え今度ここへ足を運ぼうと思っている諸兄は、その事を頭の隅にでも置いておくとあまりガッカリしなくて良いかもしれない。

【廃墟Data】

状態:白色の高輝度LED照明に換装済

所在地:

  • (住所)東京都青梅市黒沢2丁目1081 付近
  • (物件の場所の緯度経度)35°48'58.4"N 139°14'56.1"E
  • (アクセス・行き方)圏央道「青梅」ICから都道194号経由で約20分(10km)。