Menu

モーテル風林(千葉県君津市)

モーテル風林 和室「葵」の馬車風ベッドを甲冑越しに見る

1. 概要

モーテル風林は千葉県君津市にあるラブホテルの廃墟。ここの特徴はなんと言ってもその内装のハイレベルなこだわりっぷりであろう。

調度品ひとつにいたるまで気が配られていて、それらが織り成すファンタジックで個性的な空間は、見る者をまったく飽きさせない。ラブホの廃墟は世の中にごまんとあり、部屋数も多いのでマンネリになりがちな物だが、ここはそんな退屈とは無縁のオススメの物件と言える。

現地に残されたカレンダーなどから、営業していたのは昭和48年(1973)ごろから平成12年(2000)ごろまでの間と思われる。日本の高度経済成長期の終わりに産み落とされ、その後のバブル期でじっくりと醸成じょうせいされた「昭和のラブホテル」──それが令和の今にそのまま保存されたのが、ここモーテル風林なのだ。

そのため、ある意味で文化財的な価値を持つ廃墟だと言えるかもしれない。現代のラブホテルとは全く違った独特の情緒があり、見る者をまるで社会科見学しているような気分にさせてくれる。

かつてはすぐ隣にホテル山王という廃墟もあったが、こちらはとっくに解体され、現在では更地になっている。また、厳密には「ホテル風林」が正しいようだが、ネット上ではもっぱら「モーテル風林」と呼ばれており、こちらの方が実態にもより即した名前と言えるだろう。

2. 実際に足を運んでみた

モーテル風林 駐車場

モーテル風林の一階部分は駐車場になっており、向かって左側にデラックスルームが、右側にスタンダードルームがそれぞれ並んでいる。駐車スペースはそれぞれの部屋専用で、併設の階段を上っていくと表示の客室にたどりつく。

このように宿泊客どうしが顔を合わせないで利用できるように配慮されているのが、実質ラブホテルである日本の「モーテル」の一般的な造りだ。

ガレージの開閉ボタンと内線電話

個々のガレージ内には、内線電話とシャッターの開閉ボタンが備え付けられている。このように客が自由にシャッターまで閉められるのは非常に珍しいのではなかろうか。少なくとも私はここ以外で見た記憶がない。

確かにこの方が車にイタズラされる心配もなく安心である。

駐車場に備え付けられた、和室「葵」の家紋

各部屋にはそれぞれ純和風の家紋が割り当てられている。この三つ葉あおいは誰もがご存じ、徳川家の紋章だ。

モーテル風林 和室「葵」 馬車風ベッドの周りをレッドカーテンとプレートメイルが飾っている

(▲ 特スタンダード和室「葵」・宿泊7000円、休憩5000円)

しかし部屋の中は唐突にコレなので、ひどく違和感がある。そもそも「和室」とは……?(哲学)

モーテル風林 デラックス洋室「蘭」

(▲ デラックス洋室「らん」・宿泊9000円、休憩6000円)

この部屋も「蘭」要素まったくの皆無で、家紋とのギャップがすごい。

モーテル風林 デラックス洋室「蘭」の回転ベッドとベッド脇の巨大な鏡、壁のレリーフ

回転ベッドに巨大な姿見──現在ではどちらも消防法や旅館業法・風営法等々に引っかかかるので、ほとんどお目にかかることのできないシロモノである。

部屋の内装も天井にはシャンデリア、壁には大理石風のレリーフと物凄い。

風呂場へのアーチを支える筋骨隆々の男性像

お風呂へと続く出入口は男女の彫像がそのアーチを支えている。

アーチの上のキューピッド2体をかたどった彫刻

アーチの上にはキューピッド。この羽の造り込みの細かさや配置は、完全に「狙って」やっていると感じたが、それは私の心が汚れているせいだろうか?

デラックス洋室「蘭」の風呂場にあったレリーフ

お風呂も巨大な1枚岩のレリーフがゴージャスな雰囲気を演出している。こりゃあ、完全にテルマエ・ロマエの世界だな(笑)

モーテル風林 特デラックス洋室「古都」の寝室

(▲ 特デラックス洋室「古都こと」・宿泊1万2000円、休憩8000円)

モーテル風林で最高級の部屋がこちら。この天蓋てんがい付き装飾盛り盛りベッドにシャンデリアが下がってるとかヤバすぎるwww ぜひ現役時に一度来てみたかった!

モーテル風林 特デラックス洋室「古都」のリビングリーム

最高級らしく、リビングルームが別にある。そして壁にはまさかの鹿www ひょっとしてこれが「古都」奈良の鹿って事か!?

モーテル風林 和室「銀杏」

(▲ スタンダード和室「銀杏いちょう」・宿泊6000円、休憩4000円)

和室なら和風の家紋も違和感ないかと思いきや、ベッドがベッドなので不思議な和洋折衷感がある。

和室「銀杏」のベッド横に飾られていた和風の絵画

ベッド横には大人の絵画が飾られているが、春画にはありがちなかなり無茶な体勢。これどうやって動くんだ……?(写真はコンプライアンス的に一部をモザイク修正済)

モーテル風林 和室「藤」内部

(▲ スタンダード和室「藤」)

この部屋のお風呂からは富士山を通じて部屋の中を見られるようになっている。まさかこれを「」要素だなんて言わないだろうな(笑)

このガラスは片時も離れたくない恋人たちのための嬉しい配慮……かと思いきや、実はこれはマジックミラーになっていて向こう側からこちらを見ることはできない。

モーテル風林 和室「桐」内部

(▲ スタンダード和室「きり」)

和洋折衷とは言ってもこれはやりすぎ🤣 日本のことを聞きかじった外人が思いつきで作ったジャパニーズ・ホテルそのもの、といった感じ。

映画やゲームでこんな部屋が出てくることがあるが、まさかの実物を見れて思わず嬉しくなっちゃう。

和風庭園を望む畳部屋の上の大陸風提灯

この提灯ちょうちんも完全に大陸文化のそれだよなあ……。下手にここが日本なので外の庭園の造りにおかしな所はなく、畳がなんちゃって畳だったりすることもないので、まるでシュルレアリスムの絵画を見たときのような不思議な感覚を覚える。

モーテル風林 温室兼渡り廊下

モーテル風林の渡り廊下は温室になっており、右手には池を模した水槽まである。控えめに言って凄すぎ。

モーテル風林 渡り廊下の先の和室で待っていた手押し車を引くムジナ

渡り廊下の先の部屋では、手押し車を引くムジナ君がお出迎えしてくれた。

モーテル風林 デラックス洋室「水仙」

(▲ デラックス洋室「水仙」)

そして凄いのは部屋だけじゃない。風呂の中に庭だと……? しかも写真中央に見えている金ピカの長方形が実はベッドの残骸で、ここは寝室と風呂を合体させた部屋ということらしい。マジで何考えてんだwww

モーテル風林 和室「橘」内部

(▲ エコノミー和室「たちばな」・宿泊5000円、休憩3500円)

ここの「和室」の基準が本当に謎すぎる(笑)

客室に備え付けられたアンティーク調の電話

モーテル風林は調度品ひとつを取ってもやたらとオシャレで、オーナーの細部までのこだわりが感じられる。

天井から斜めに吊り下げられたブラウン管テレビ

ベッドに寝転がりながら見やすいように取り付けられている、この天井のテレビも地味に珍しいものではなかろうか。

今では薄型の液晶にすっかり取って代わられて、こんな風に無理やり取り付けられるなんてことももはや無いのだろう。

ホテル風林の認定書

ホテル風林の認定書。これは社団法人「日本自動車旅行ホテル協会」(現、日本レジャーホテル協会)が発行したものだが、交付番号がまさかの1ケタ。後に調べてみると、この協会はこの年この月に発足したものだと分かった。

一般的にはこの昭和48年(1973)がモーテル風林の営業開始年と見られているようだ。おりしもこの年には「目黒エンペラー」という西洋風を売りにしたラブホテルが大ヒットしている。

それをきっかけにファンタジックでおとぎの国のようなラブホテルが日本中でブームになった※1そうで、このモーテル風林もその時の流行に乗って建てられたものなのかも知れない。

【廃墟Data】

状態:健在

所在地:

  • (住所)千葉県君津市南子安1393-2
  • (物件の場所の緯度経度)35°19'55.4"N 139°55'33.1"E
  • (アクセス・行き方)館山自動車道「木更津南」ICより約4分(2.5km)
     高速道路を降りて国道127号線へと合流して直進、約2km先のホテル「555」の角を左折する。そのまま左側の壁に沿って進み、分岐を4つ過ぎるとT字路に突き当たる。そのT字路の正面がモーテル風林の入り口である。