Menu

古虎渓ハウス(心霊スポット)

1. 概要

古虎渓ここけいハウスとは、岐阜県多治見市にある古い温泉施設の廃墟である。心霊スポットとしてよく知られており、浮遊霊のたまり場になっているとうわさされている(詳しくは後述)。

1-1. 古虎渓ハウスの歴史

ここは昔「イオンハウスセンター」という名の保養所だった。廃墟名の「古虎渓ハウス」の「ハウス」はここから取られている。おがくず(木の切りくず)に特殊な酵素液をかけ熱を発生させてそこに埋まるという、砂風呂のおがくず版みたいな事をしていたらしい。

しかし昭和48年(1973)に火災が起きて廃業。その後「オガコ温泉」(おがくずの粉という意味だろう)として再開するも、またしても火事のため廃業に追い込まれる※1。そして経営者は夜逃げしてしまった。

1-2. 閉業後~心霊スポット化

たび重なる火災のせいで見た目がひどいことから、古虎渓ハウスは閉業後すぐに心霊スポットと化した。よく言われる「浮遊霊のたまり場」というのは、ある霊能者が古虎渓ハウスを霊視したところ「江戸時代の女性の霊がいて他の霊を呼び寄せている」と言った※2ことがきっかけらしい。

他にも「オーナーが自殺した」「集団食中毒があった」ともよく言われるが、信ぴょう性に欠ける。ガス爆発事故による客の死亡事件のうわさも火事との混同だろう。「白骨死体が見つかった」などというのは、もはや完全に近隣の千歳楼との思い違いである。

このようにさまざまな噂が飛び交いつつも、古虎渓ハウスは現在でも取り壊されずに残っている。

2. 実際に足を運んでみた

古虎渓ハウスの出入口である急斜面を下から見たところ

古虎渓ハウスへの入り方は、建物に向かって右端にあるこの斜面を登っていくしかない。現役時はここにちゃんとした階段があったはずだが、今ではごらんの通りすべて崩れ去りかなりの急斜面になっている。

古虎渓ハウスの1階大浴場の出入口

先ほどの斜面を登り、建物1階の入口の前までやって来た。Welcomeとのことなので、さっそく中へ入ってみよう。

古虎渓ハウスの1階大浴場の浴槽を入口側から見た景色

入口を入ってすぐ、この浴槽が見える。壁はかなり派手に落書きされている。

古虎渓ハウスの1階大浴場の浴槽を奥側から見た景色

奥へと進み振り返って見た同じ浴槽。1階はすべて大浴場になっているようだ。

1階の浴場前から2階の大広間を見上げる

入口からいったん出て、2階を見上げる。さて、どうやってここへ登ったものか……

ボロボロに朽ち果てた2階への階段

現役時に使われていたであろう階段はごらんのありさま。どうして心霊スポットの階段はどこも崩壊しがちなのか……

同じくボロボロに朽ちたブルースカイの階段ホワイトハウスの階段を登り切った私でも、さすがにここを無事に登れる自信はない。

古虎渓ハウス2階の大広間

結局、古虎渓ハウスに入るときに登ってきた急斜面の続きをさらに登り、2階へとやってきた。しかしあんなに頑張ってここまで来たのに、なんにもない……(これも廃墟「ブルースカイ」の2階彷彿ほうふつとさせる)。

古虎渓ハウス2階からの眺め

この広間の窓からは、外を走る県道の街灯がすぐ目の前に見える。

大広間から入口側を振り返って見たところ

ここに来る前に1階から2階を見上げた時の大穴が、写真右手にぽっかりと口を開けている。

古虎渓ハウス2階の一室

これで2階の部屋は最後。現役当時を思わせるものは徹底的に何もない。

2階から3階へとつづく階段

3階へ上がるには、今までで一番マシな階段が使える。よかった……

古虎渓ハウス3階の一室

3階の部屋。しかしここも2階同様ほとんど骨組みだけになっていて、現役時にどういう使われ方をしていたのか想像するのが難しい。

崩壊して柱が積み重なった3階

最上階でいちばん雨風にさらされるためか、3階は古虎渓ハウスでも特に崩壊度合いがひどい。

3階から2階へと降りる階段

さて、それでは戻りますか。

古虎渓ハウスの出入口である急斜面を上から見たところ

これを降りるのか……😓


古虎渓ハウスは市販の心霊スポット解説本に何度か載ったこともあり、比較的よく知られた廃墟である。

しかしいかんせん筆者に霊感がなさすぎるせいか、古虎渓のすぐ隣の定光寺にある千歳楼の方が見た目に迫力があって筆者的には楽しめた(千歳楼はまったく中に入れなかったにも関わらずである)。

本職の霊能者が「出る」と言った確かな物件であることは間違いないので、霊感のある人なら心霊現象に遭遇できる確率も高いのではないだろうか。

【廃墟Data】

状態:健在 ただし出入口が崩壊していてかなりの急斜面

難易度:★★★☆☆(普通)

駐車場:古虎渓公園の駐車場を利用(→地図

所在地:

  • (住所)岐阜県多治見市市之倉町13丁目41 付近
  • (物件の場所の緯度経度)35°18'29.7"N 137°06'24.6"E
  • (アクセス・行き方)
    【自家用車】中央自動車道「多治見IC」より、国道248号線→県道15号線経由で約15分(6.2km)。
    【公共交通機関】JR中央本線「古虎渓駅」から徒歩で行けるようにも見えるが、途中のトンネルの道幅が狭く交通量もあるため危険。この廃墟に行くには車かバイクがほぼ必須である。