Menu

お札の家(岡山県・由加山の心霊スポット)

1. 概要

「おふだの家」と呼ばれる物件は広島や東京など全国各地に存在するが、その中でも純粋に廃墟として一番有名なのが、この岡山県倉敷市にある「由加山ゆがさんお札の家」だ※1

かつてこの家では一家心中があり、それ以来ここでは怪奇現象が多発したという。それを抑えるために家の中に大量のお札が貼られたことから「お札の家」と呼ばれるようになった。

昔ながらの日本家屋が荒れ放題になって山中の竹林にぽつりと鎮座しているさまは、まるで絵に描いたような心霊スポットの姿そのものであり、尋常じんじょうでない不気味さを漂わせている。

2. 実際に足を運んでみた

「七丁」と刻まれた丁石

由加バイパスからお札の家へとつながる脇道に入ると、まず見えてくるのがこの怪しげな石の柱。ただ「七丁」としか書いてないので意味が分からず、「何これ、怖……」とさっそく心霊スポットらしい洗礼を受ける。

実はこれは「丁石ちょういし」というもので、近隣の由加山蓮台寺れんだいじまでの距離を表している(1丁は約109m)。こういった山岳寺院の参道にはよく設置されているものらしい。

竹林に囲まれた、土塀と蔵のあるお札の家

その丁石を過ぎるとすぐ、うわさの「お札の家」が見えてきた。

もうこの時点で雰囲気はMaxで、さすがはあのキューピーの館ようする岡山の有名スポットなだけはあるな……! と、探索のテンションは否応いやおうなしに上がった。

朽ち果てた土塀

こんな土塀どべいがある廃墟とかホントやりすぎだと思う。これぞ「THE・ニッポンの幽霊屋敷!」って感じで、本当にどこに出しても恥ずかしくない(?)心霊スポットだ。

お札の家の玄関付近

ではさっそく中に入ってみよう。玄関から見える風景はいきなり天井が崩落していて、気分を盛り上げてくれる。

お札の家の居間

玄関から入ってすぐ左手には居間がある。経年劣化と人為的な破壊が入り混じって、中の荒れ果て具合はすさまじいことになっている。

しかし「家の壁じゅうにお札が貼られている」という話だったのに、どうも様子がおかしい。少なくともここからは全くそうは見えないのだ。

お札の家の台所

それから注意深く部屋の壁や落ちている遺物などを見て回ったものの、やはり肝心のお札が見当たらない。そしてひとつも見つけられないまま、建物の一番端の台所まで来てしまった。

……いやいやいや(笑) お札の家にお札がないとか、猫カフェに猫がいないようなもんじゃない? ガッカリなんてレベルじゃないんですけど? それはもうただの「家」でしょwww

これまで上がってきた来たテンションが急速にえていくのを感じつつも、気を取り直して家の中のまだ見ていない場所へと向かった。そして家の裏口付近で、ついに筆者はそれを発見することになる。

御札が大量に落ちている裏口付近

うわ……あった、あった、お札だ。しかもたくさん……。柱ごと根こそぎはがれて地面に落ちちゃってるじゃん……。

「天地大神 祈祷」と書かれた御札

近くには未使用品っぽい同じお札もあった。この「天地あめつちの?大神おおかみ」という神様はあまり聞いたことがないが、どうやら「天地教」という新興宗教団体の主祭神らしい。漢字に振った読みがなも筆者が推測したもので、正確なところは不明だ。

お札を文字通り解釈すれば、ご利益りやくには悪疫秡除ふつじょ(タチの悪い伝染病をはらい清めること)や家内安全があるので、このあたりを期待してここの怨霊を鎮めようとしたのだろう。

「大国魂命鎮座」と書かれた手書きの御札

そして家のはりをよく見ると、他にもお札が貼られているのが見えた。

これは干支の鼠(子)・牛(丑)・虎(寅)と謎の4つの四角、そしてその下に「大国魂命おおくにたまのみこと鎮座」と書かれた、手書きのお札だ。

この神様は出雲神話に系譜を持つ非常に古い神様で、国土そのものを神格化したものとされる。要するに恐ろしく位の高い神様で、その力を借りてまで抑えたいナニカがここにはいた、ということだろうか……。

梁に貼り付けられた金色の紙垂

また、別の場所には金色の紙垂しでのような物も貼られていた。紙垂は神社の神主が持つ祓串はらえぐしに付いていることからも分かるとおり、邪悪なものをはらう力を持つものだ。やはりここには何かがいた(もしくは、いる)と考えるのが自然だろう。

床板がまったくないお札の家の2階を1階から見上げた様子

さて、このお札の家は2階建てなのだが、今ではごらんの通り階段どころか2階の床板すらない。

うわさでは2階にもお札があるみたいな話を聞いたことがあるのだが、これでは正直どうしようもない。

御札の家の棺桶、と言われている3つの長持ち

一方で、玄関から右に行くと納屋なやがあり、そこの階段はまだまだ使うことができる。写真はその階段を上って納屋の2階まで来たところだ。

ここには木の箱が3つ置かれている。そのどれもが人の寝ていたような形跡があることから「棺桶ではないか?」といううわさが立っているそうだ。

だが、この実物をどこからどう見ても長持ながもち(昔の衣装ケース)である。棺桶とか言い出した奴はきっと時代劇とか見たことないんだろう。

納屋にあったボロボロの神棚

納屋にはボロボロに朽ちた神棚もあった。しかし中の赤いやつ何だこれ……血? 怖わ……

お札の家の蔵の外観

さて、これで母屋おもやと納屋の探索を終えたのでいったん外に出る。このお札の家には納屋とは別に写真の蔵もあるので、今度はそっちに行ってみよう。

お札の家の蔵の内部

蔵の扉は固く閉ざされていたが、壁の一部に穴が開いていたのでそこから手を突っ込んで撮った一枚。2階へと続く階段があるが、残念ながらここからは上の様子をうかがい知ることはできない。

お札の家の近くにある朽ちた祠

お札の家を取り囲んでいる竹林の中には、ひっそりとたたずむ怪しげなほこらがあった。お札の家自体が発する雰囲気もさることながら、この周辺の空気は何やらただごとではない。

この日の探索では怪奇現象が起こったり霊を見たりしたわけでは一切ないが、霊感のまったくない筆者でも何か空気が違うことだけは十分に感じ取れた。

少しでも霊感があるような人は、ここへ行くのには相当の覚悟をしていった方がいいだろう。

【廃墟Data】

状態:健在。ただし母屋の2階は床板も階段もない。

難易度:★☆☆☆☆(最低)※あくまで物理的な難易度。心霊的な難易度は筆者には評価不能。

駐車場:県道横の空き地を利用(→地図

所在地:

  • (住所)岡山県倉敷市児島由加3136
  • (物件の場所の緯度経度)34°29'54.0"N 133°50'55.0"E
  • (アクセス・行き方)瀬戸中央自動車道「水島IC」より、県道62号線経由で約10分(8.5km)